2016年09月03日

先日のブログ記事で書いていたテレスコピックロッドの購入について、ダイワ B.B.B 666TMRBを購入し釣りに出かけたのでインプレ記事を書きます。

スペックはダイワの公式HPからご確認ください。

ダイワの紹介文句は以下の通り
「最も扱いやすい長さ・硬さでスーパーバーサタイルに使いこなせるテレスコピック・ベイトキャスティングロッド。中・重量級のファストムービングルアーのロングキャストからピッチング、テキサスリグなどの撃ちモノまで自在に操ることが可能なオールラウンダー。」

ナマズ釣行ではキャタピー、キャタピーJr、 3/8ozラバージグ、3/8スピナーベイト、Z-Rabitt Jr等を使用しました。
いずれのルアーでもキャスト感覚に問題はありませんでした。
ダイワの紹介文句通り、素直な曲がりとちょうど良いレングスでオールラウンドに使えるなというのが第一印象です。
購入最初の釣行では残念ながらナマズは釣れませんでしたが、ちょっかいを出してきた鯉は引っ掛かかりました。
引っ掛かった鯉は50~60cm程度でした。
その鯉とのファイトも不安を感じる事なく十分に余裕を持ってこなせました。ファイトの際の曲がり具合についてもテレスコピックであることの不自然さや脆さは感じませんでした。

感度については若干悪いかなと感じました。
以前使っていたロッドでは、キャタピーのアクションがラインとロッドを通じてきちんと手元に伝わってきている感触がありましたが、666TMRBではそのアクションの伝わり方が若干ぼやけているような感覚でした。
そう感じたのはテレスコピックロッドを使っているからというプラシーボ効果なのかもしれませんが、気になる人には気になるでしょう。
鋭い感度を要求されるディープエリアでのワーミングやロングキャスト先でのアタリを感じ取るというような釣りをしないのであればちょいとしたナマズ釣り遊びには十分なスペックを持っていると思います。
付属のロッドケースの出来は想像以上に良かったです。
ガイドを守るスポンジはちょうど良い固さで、ケースの外側は固めのウレタンのような素材で、ちょっとやそっとの衝撃ではガイドやロッドに傷が付くようには思えませんでした。
image




ちなみに持ち運びは25リットルクラスのバックパックに入れて持ち運んでいます。
25リットルクラスのバックパックだとロッドケースの先が数cm出るぐらいの仕舞寸法です。
持ち運びについても特に不安を感じる事はありません。


image



ロッドの見た目についてですが、オールSiCガイドですしグリップ部分もまともな物が使われているため安っぽさは感じません。
もちろん高級感は無いのですが、安っぽさで嫌になるというようなロッドで無い事は確かです。
私のように小さい水路でライトなナマズゲームを楽しむ方、旅行先や出張先でちょっとした釣りに行くぐらいの使い方をする人には合っていると思います。
あと、自宅に1ピースロッドを保管しにくい環境の人にもおすすめかな。
専用バッグ、オールSiCという事を踏まえたらコスパは良いロッドなのかなぁというのが個人的な感想です。





2016年08月07日

ブログ更新はかなり久しぶりになりました。
ブログ更新を中々しなかった理由は
・妻子持ちで釣りに行く時間がなかなか取れない
・高槻市から枚方市に引っ越して、引っ越し先の近くで釣りが出来るフィールドを見つけれていない。
・釣り以外の趣味もあるため、何が何でも釣りをしたいというわけでは無い。
です。
月1回ぐらい釣り具屋には行っていますが、欲しいものも特にありません。
新型アンタレスの価格にビビったぐらいです。
もちろん良い年の大人なのでアンタレスぐらい買えないわけではないのですが、あの性能のリールを買う必要性は全く感じません。
もちろん、遠投が必要なフィールドで釣りをしている人、キャストの正確性がシビアに問われるフィールドで釣りをしている人には必要だと思いますので、飽くまで私にとっては必要が無いという事です。

さて、本題。
枚方市内で釣りが出来る場所がないかGogleストリートビューで見当をつけた箇所に本日行ってきました。
その結果、なんと釣りは大歓迎との事!!!!
ご丁寧にマナーの良さそうな釣り人までイラストに描かれているではありませんか。
釣り場の雰囲気も良く、期待が膨らみます。
IMG_20160807_150325


というのは真っ赤なウソで、実際のところは釣り禁止、、、

IMG_20160807_093031


ここは府道から近い農業用水路です。
つまり、交通アクセスは抜群に良く、水も淀川から直接引き込んでいると思われフィールドのポテンシャルはかなり高い所です。
しかし、釣り禁止。ここはなぜ釣り禁止なのか。
私の想像ですが、アクセスが良すぎるためにバス釣りブームの時に釣り人と地元の農業者等の間で次のようなトラブルがあったものと推測できます。
・農道に釣り人の路上駐車。
・ルアーやラインが田んぼへの取水口や水門に引っ掛かりトラブル。
・ゴミ問題
以上の事が重なって、釣り禁止になったと思われます。

写真の場所を巡った後に、枚方市の野池を1か所見て回ったのですが、立ち入り禁止でした。

ということで、今回の釣り場探索は大失敗。
今後は枚方から高槻に遠征して釣りをすることになりそうです。
面倒だなぁ。

ちなみに、主な交通手段がロードバイクの私にとっては枚方から高槻に移動する際のロッドの持ち運びが課題。
2ピースロッドをバックパックに刺して移動しようとしましたが、バックパックからかなりはみ出ていて危険と判断しました。
というわけで、いわゆるパックロッドの購入を検討中です。
良いパックロッドをご存じでしたらコメント等で教えていただければ嬉しいです。
ちなみに今購入しようと思っているのはダイワ B.B.Bのテレスコピックモデルです。
B.B.Bのテレスコピックモデルにしようとした理由は
・収納の際、ルアーを付けたままでOK
・専用バッグが付いてくる
です。
近所の釣り具屋には現物がなかったので、どこか現物が見れる店が無いものか。

あ、鯰人のテレスコピックモデルは
・高い
・レングスが長すぎるので却下で(笑)






2016年06月22日

忙しくてブログもTwitterアカウントも放置していますが、なぜかアクセス数がアップしています。
ナマズ釣りシーズンが本格化したのか、検索からの流入が多くなっています。
今年入ってからナマズ釣りを始めた人も居るのでしょうか?
私の記事が少しでも役に立てばうれしいです。

ちなみに検索流入での人気記事は
キャタピーのレビュー記事
パワーポップのレビュー記事
です。

キャタピーはキャストしやすくタダ巻きで充分動くルアーなので入門にはうってつけのルアーだと思います。
カバー攻めにはフロッグしか選択肢はありませんが、パワーポップは安いので個人的におすすめです。
パワーポップはずんぐりしていないので、ナマズの口に入りやすくフッキングも通常のフロッグよりはしやすいかな、という印象も持っています。

タックルについての記事はあまり人気がありませんでした。
おそらくみなさん手持ちのバス用タックルを流用している or 流用するつもりでタックルには特にこだわりが無いのかもしれません。
タックルへのこだわりなく、田んぼ近くの水路等でトップゲームを楽しめるのがナマズ釣りの魅力ですので
タックル記事への流入が少ないのも納得です。


ちなみにタックルへのこだわりが無い人も、ラインにはある程度こだわった方が良いと思います。
ナマズ釣りにおけるラインの選択肢としては
・ナイロン
・PE直結
・PE+リーダー
があると思います。
私は面倒くさがりなので「PE+リーダー」は使ったことがありません。
ナイロンとPE直結を使ってみて個人的な好みで言えば、ナイロンの方が扱いやすくて好きです。
私はトップに飽きればスピナーベイトを使ったり、ミノーやクランクを使ったりもするのでオールマイティに使えるナイロンが自分の用途に合っているのだと思います。

ちなみにナイロン、PEのいずれを使うにしろラインチェックは定期的に行った方が良いと思います。
また、ナイロンは吸水と紫外線による劣化もあるので傷がついていなくても3~4回の釣行ごとに10~15mほど先を切って捨てていくのが良いと思います。
これは1日に2回ラインブレイクした私の痛い経験から学んだことです。

3~4回の釣行ごとにライン10~15mほど先を切って捨てていく用途には安いナイロンで十分です。
どうせラインの太さを気にするような釣りではないので16lbs以上の安いラインの300m巻500m巻であればかなりコスパが良いと思っています。
もちろんフィールドや釣り方(バス釣りと兼用するとか)によっては根ズレに強い高級タイプを使っても良いでしょう。

以上、とりとめのない記事でした。