2014年08月26日

毎度どうも!
釣りの最中に大雨に降られ、ずぶ濡れで家に帰って嫁に呆れられた大ナマです。

さて、その大雨での釣りの最中
「今日もトップに出ねーなぁ」
などと思いながら、闇鯰スナイパー9号を性懲りもなくキャストしていました。




半分キャスト練習となっていた釣りの最中、神の救いである捕食音
「ボゴッ」
が数メートル上流の方で発生しました。
捕食音が発生した場所は岸から10cmほどの浅瀬で、草がオーバーハングしている場所。
捕食音はしましたが、ナマズの姿は目視できません。
何かを食べた後に、また水中のねぐらに戻っていったようです。

私は音のした場所に向かい、竿を目一杯伸ばして、草の隙間から闇鯰スナイパーを投入!
提灯誘いで、ナマズを誘ってみました。
すると、水の下からナマズが顔を出したではありませんか!!!
ナマズはルアーに興味を示しルアーに一瞥をよこした後、私の顔を見てからまた水中のねぐらへと帰っていきました。
ナマズ「チラッ」
俺「チョンチョン」(誘い中)
ナマズ「プイッ」
俺「、、、、、、」

私の妄想かもしれませんがあの瞬間、間違いなく私とナマズは目が合っていました。
夜釣りでは無理でしょうが、日が出ているうちの釣りではこういうことも起こるんですね。

ちなみにその後はナマズの姿を見ることなく、ノーバイトノーフィッシュで終了。
ナマズが顔を出した場所に、フォローとしてテキサスリグでワームをぶち込んでいたら釣れたとは思いますが、
本ブログは「トップでナマズ釣り!」
ですので、そういう事はしませんでした。
単純にトップウォータープラグしか釣り場に持って行ってなかったというのが一番の理由なんですけど (_´Д`) アイーン

ここ1週間、ナマズを上げていないのでワームを使ってみたい衝動が強くなっている大ナマでした。
しかし、トップに出ない、、、、
そういえば、私が主戦場としている場所に住んでいるナマズが何食ってるのか分かっていません。
トップ系に出にくい場所なのかもしれません。
水草とか生えまくっててエビとかザリガニとか多そうですし、主食は甲殻類なのかもしれません。


↓そんなに釣りたいなら甲殻類系のワーム使ってもいいんじゃねーの?と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村




2014年08月24日

毎度、本ブログを購読いただきありがとうございます。
昨日は釣りに行くも、雷が鳴っていたので早々に引き揚げた大ナマです。
 さて、このブログを読んでいるみなさんはナマズのことが大好きだと思いますが、ナマズのことをどれぐらい知っているでしょうか?
私は恥ずかしながら、Wikipediaに書いてあるレベルの知識しか持っていませんでした。
そこで、ナマズの勉強のために図書館から本を借りてきました。
 
↓この本


この本は子供向けの本ですが、さすがにWikipediaよりは内容は充実しています。
写真が豊富で、買っても良いなと思いました。
特に、産卵の写真、イワトコナマズの写真など貴重な写真もありました。

発行年月日は2014年4月とかなり新しいです。
ナマズの最新研究結果が知りたいならこの本ですかね?
他に良いナマズ関連本をご存じの方はコメント欄でご教示いただければ幸いです。

今回、この本の内容の一部をご紹介します。
記事のタイトルにある通りナマズの雄と雌の見分け方です。
画想をアップロードするのは著作権の関係でちょっと怖いので、文章での説明になります。

雄の特徴
1:胸びれの前縁にある棘が平たく、棘の後端にギザギザがある
2:尾びれの中央に負かい切れ込みがある

雌の特徴
1:胸びれが細くて、棘の後端にギザギザがない
2:尾びれに切れ込みがない、またはあっても浅い

です。
釣ってきたナマズの性別を調べて、その比率を計算してみても面白いかもしれません。
ちなみに本の記述によると、雌の比率が高いようです。

↓今後もこの本の内容を知りたい、という人はクリック
  にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

2014年08月21日

ブログ主の大ナマです。

今年の土用の丑の日(7月29日)前後では、
ニホンウナギ、絶滅危惧種に指定
というニュースが話題になったかと思います。
私はウナギは好きな方ですが、絶滅危惧種を金を出してまで積極的に食べたいとは思いませんので、
今後、ニホンウナギが絶滅危惧種の指定解除になるまでウナギは食べないでおこうと思いました。
(ウナギ釣りはしてみたいですけど)

↓ナマズと関係ないじゃんと思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

さてこれから先、絶滅危惧種の指定を受けたニホンウナギに対して、ニホンウナギの輸出入制限や、
養殖量制限が、もしも行われた場合、食材としてのウナギが今までどおり供給されなくなります。
こういう事態になるとウナギ好きの人は困りますし、ウナギ屋も商売あがったりで困ります。
ということで、ウナギ好きの人たちのため、またウナギ屋の店主・従業員のために、
ウナギの代替となる食材を探す必要があります。
ウナギと似た食材で知られているのはアナゴでしょうが、アナゴも代替とするには高いですね。
もうちょっと安価な食材があれば個人的に嬉しいです。

ウナギに替わる安価な食材は無いものかというところで出てくるのが、
我らが愛するナマズ(マナマズ)
日経新聞のサイトにも
絶滅寸前ウナギに代わるのは、ナマズのかば焼き
というタイトルで特集記事が書かれているではありませんか。
日陰者のナマズがウナギの代替品として注目を集める日は来るのか?
ナマズ関連ニュースに注目していきたいと思います。

ちなみに食材としてのナマズを検索してみると、、何とAmazonで販売していました!!!!
興味のある方はどうぞ。
私は妻に反対されそうなので、迂闊に買うことはできません。



こっちのナマズ関連飲料を買って、飲んで、ナマズに思いを馳せるのも良いかもしれません。