2016年03月26日

大ナマです。久しぶり過ぎる更新です。

冬の間は釣りをしておりませんでした。
釣り具を買う欲求なども特になく、釣りとは離れた生活をしておりましたがナマズの事を忘れたわけではありません。
ちなみに釣り具業界についての私の考えは
「過剰広告が過ぎる」
「意味不明な理論を次々と提唱して、消費者に過剰に金を使わせようとしている」
です。
釣り具業界の中の人にとっては死活問題なので、過剰広告等は仕方ないのかもしれませんが。

さて本題
鯰人の間ではナマズの生態についてまことしやかに語られている
・ナマズは目が悪い
・ナマズは音(水の振動)に敏感
・ナマズは夜行性
・ナマズは貪欲
などの性質がありますが、それは本当のことなのでしょうか。
ナマズに普段から慣れ親しんでいる鯰人の間では経験的に上記が正しいであろうことは分かっています。
しかし本当にそうなのか、きちんと実験や調査によって調べた人は見たことがありません。
もしかしたら、とあるフィールドにナマズが100匹いたとして
・100匹中70匹は昼行性&とても警戒心が強く、釣り人に釣られるのは稀
・100匹中30匹は夜行性&アホなので、よく釣り人に釣られる

という現象を我々鯰人が観察して「ナマズは夜行性」という結論を出しているのかもしれません。
100匹中70匹が昼行性であれば、ナマズは平均的には昼行性の魚であると結論づけることができます。
本当に自然下でのナマズが夜行性なのかどうかを調べるためには、自然にいるナマズに発信機等を装着して、モニタリングする必要があります。

そんな研究をした人はいないのかな~とか思ってネットを探しているとありました。
きちんとした学術論文です
その論文がこちら(リンク先PDF)
小河川における超音波テレメトリーを用いたナマズの行動解析
きちんと追跡できた個体が3匹とサンプル数は少ないですが、結果は以下のとおりです。

・10~11月はおおむね夜行性だった
・12~1月は昼行性も夜行性も両方示された
詳細は論文を拝読ください。ちなみに私もきちんとは読んでいません(アカン)

論文の中で挙げられている参考文献の知見では
「水温によってナマズの夜行性と昼行性という特性が変化している」
という事が示唆されているようです。
水温の閾値は15°C、10°Cあたりにあるとのこと。

ちなみに冬季にナマズが生息・活動できるフィールドの条件として
・ナマズの隠れ家が存在している
というファクターが大きいとのこと。3面コンクリート護岸は最悪の環境らしいです。
といっても日本は3面コンクリートだらけですよねぇ。。。

長々とお付き合いありがとうございました。
論文末尾に挙げられている参考文献の中にもおもしろいものがあるので、時間があれば内容をご紹介したいと思います。








2015年10月11日

9月22日の夜に釣りに行った記録です。
子供が小さいとなかなかブログを書く時間も取れませんね(汗

9月22日 20時前家を出発
近くの水路の水はかなり減っているので水門を超えたところの上流へ向かう。
水路の幅は1メートルにも満たないが、ここは流れも緩く実績のあるポイント。
何投目かに、
「ボシュッ」
キャタピーJr.が吸い込まれる。
ロッドに重みを感じてからフッキング!!!
すると、とんでもない勢いで走り出す!!!
リールのドラグをきつめに設定していたため、MHのロッドが持っていかれそうなほどの勢い。
あわててドラグを緩め、親指ドラグも駆使しながらファイト。
何とか寄せてきて魚体を確認すると、鯉でした。
IMG_20150922_205701

IMG_20150922_205749
↑鯉の口元で光っているのはキャタピーJr.

メジャーは持っていかなかったので正確なサイズは分かりませんが、おそらく70cm近い鯉でした。
鯉のパワーはトンデモない事を知りました。
50upのバス、60強のナマズをMHのロッドで釣り上げた事はありますが、ファイトに余裕はありました。
MHのロッドが持っていかれそうになったのは今回が初めてです。
鯉釣りにハマる人が多いのも納得のファイトでした。

ちなみにランディングネットを持っていないので、ランディングはPEラインを持っての持ち上げ。
鯉がおとなしくしてくれていたから良いものの、ランディング時に鯉が暴れていたら手指に怪我を追っていた可能性が高いです。

真剣にランディングネットの購入を検討中です。
しかし、賃貸に住んでいて物置などもないため置き場に困ります。
車の中に置いておくのも車全体がくさくなりそうで敬遠してしまいます。
皆さんはランディングネットをどのように保管しているのでしょうか?
↓ちなみに購入候補のランディングネットはこれです


↓クリックで応援よろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村




2015年10月02日

前の記事にいただいたコメントで、「場所を特定できるような記事や写真は自粛すべきではないか」との意見をいただきました。
これについて色々考えましたが、記事や写真は削除しないことにしました。
ちなみに削除派の意見は
・人が増える
・人が増えるとマナーの悪い奴が来る
・そのせいで釣り禁止になる
・マナー以前に人が増えると魚が減る
です。
私は私が書いたブログのせいで、その釣り場に人が増えてもそれはしょうがないと思ってます。
もちろん自分たちのフィールドに人が増えてほしくないという人の気持ちも分かりますが、そんな事を一々気にしていたら、ブログ記事は書けません。
別に私は違法な行為や言動をブログ記事に書いているわけではないので、削除するには当たらないと判断しました。

また、マナーの悪い奴が来て釣り禁止になるという問題はブログ記事のせいではなくそのマナーの悪い奴のせいです。
私が釣りをしているフィールドに悪い奴が来なかったとしても、マナーの悪い奴はどこか私の知らない場所でもずっとマナーが悪いわけです。
そいつがたまたまブログに書いた場所に来るか来ないかは運だと思います。
また、記事を見てもわかるように私が釣りをしている場所はとても魚影が薄く、わざわさ車を出してまで来るような場所ではありません。
車を出すのであれば、近くに淀川なり芥川なりいくらでもフィールドはあります。
ということで、人が増えて釣り禁止になる可能性も低いと判断しました。

釣り人が増えると魚が減るというのは当たり前で、釣り人としては気になるところですが、別に削除をすべきという意見の人の私有地でもなんでも無い場所なのでその人の意見を聞き入れる根拠は特にないと判断しました。
他人の意見で一々ブログを削除していたらキリがありません。
例えば魚類を愛している人から「釣りは魚を虐待している行為だから、そんな行為をブログに書くな」と言われて、ブログ記事は消しません。
なぜならその人の言うことに何の法的根拠もないからです。

ということで、これまでの記事は削除しませんのでよろしくお願いします。
私のブログ記事の削除をお願いする人は、法的根拠をもって記事の削除を主張してください。