2014年08月24日

毎度、本ブログを購読いただきありがとうございます。
昨日は釣りに行くも、雷が鳴っていたので早々に引き揚げた大ナマです。
 さて、このブログを読んでいるみなさんはナマズのことが大好きだと思いますが、ナマズのことをどれぐらい知っているでしょうか?
私は恥ずかしながら、Wikipediaに書いてあるレベルの知識しか持っていませんでした。
そこで、ナマズの勉強のために図書館から本を借りてきました。
 
↓この本


この本は子供向けの本ですが、さすがにWikipediaよりは内容は充実しています。
写真が豊富で、買っても良いなと思いました。
特に、産卵の写真、イワトコナマズの写真など貴重な写真もありました。

発行年月日は2014年4月とかなり新しいです。
ナマズの最新研究結果が知りたいならこの本ですかね?
他に良いナマズ関連本をご存じの方はコメント欄でご教示いただければ幸いです。

今回、この本の内容の一部をご紹介します。
記事のタイトルにある通りナマズの雄と雌の見分け方です。
画想をアップロードするのは著作権の関係でちょっと怖いので、文章での説明になります。

雄の特徴
1:胸びれの前縁にある棘が平たく、棘の後端にギザギザがある
2:尾びれの中央に負かい切れ込みがある

雌の特徴
1:胸びれが細くて、棘の後端にギザギザがない
2:尾びれに切れ込みがない、またはあっても浅い

です。
釣ってきたナマズの性別を調べて、その比率を計算してみても面白いかもしれません。
ちなみに本の記述によると、雌の比率が高いようです。

↓今後もこの本の内容を知りたい、という人はクリック
  にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字