2014年09月30日

ナマズ釣りファンのみなさん、こんばんわ。
風邪気味なので、釣りを自粛している大ナマです。

ナマズ釣りをしている皆さんは、ナマズランディングの時にフィッシュグリップ、フィッシュホルダーを使用していると思いますが、どんなの使ってますか?
いろいろなブログ記事を見ますと、ほとんどの人が金属製のフィッシュグリップを使っているように思います。
↓こんなのをよく見る



私が使っているフィッシュグリップは、プラスチック製のものです。↓これ

金属製のものは使ったことがないですが、今私が使っているフィッシュグリップの利点をつらつらと書いていきたいと思います。

1;安い
プラスチック製という事で、金属製のものより安いかと思います。
安いと言っても、信頼のダイワ精工のものなのでガタもなく非常に使い勝手は良いです。

2:掴みかたいろいろ
上のリンクのような金属製のフィッシュグリップでは、魚の下あごを掴む以外の使い方ができません。
しかし、私が使っているフィッシュグリップだと、メゴチバサミのように魚の胴体を掴むこともできます。
これは淡水でのナマズ釣りだけでなく、海でのサビキ釣りなどにも使えて良いと思っています。
ナマズのシーズンでないときは海釣りもちょっとしてみたいと思っている私にとってはこれは便利です。

3:魚に優しい(気がする)
金属製のフィッシュグリップだと金属部分が固く、なんとなく魚にダメージが大きい気がします。
釣り具屋で現物も見ましたが、金属部分で掴んでいるところの面積も小さいので魚の下あごにかかる圧力が相当かかるなと思いました。
私の使っているフィッシュグリップは自分の握力を加減して、魚に優しいぐらいの力で掴むように調整できますし、
魚に触れる部分の面積も大きく、魚にかかる圧力は金属製のものより緩和できていると思います。

4:軽い
当たり前ですが、金属製のものより軽いです。
重さを計ってみたところ94gで、私が使っているiPhone5(114g)より軽かったです。
これは結構なアドバンテージだと思っています。
大きさはタイトでないジーンズの前ポケットに入るぐらいなので、かさばりません。
私はいつもポケットに入れていて、ほとんどの場合は手ぶらで釣行にのぞんでいます。

他にもワンタッチでロックを外すことが出来るという利点がありますが、これは動画で説明しないと分かりにくいですね。
気が向けば動画での説明も行いたいと思います。
youtubeのアカウントは持っているのですが、動画のアップロードの仕方が良く分かっていません。

追記
こちらの記事もフィッシュグリップについて書いているのでご覧ください

↓動画よりナマズ画像のアップロード早く!と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字