2014年10月25日

前回の記事で書いたようにいつもの水路が工事の影響で死んでしまったので新しい場所を開拓しに行きました。
近くに淀川という広大なフィールドがあるにも関わらず、開拓したのはまた水路というルアー釣りを行うものとしては特異な性質をナマズ釣り師は持っています。

スマホの地図を見ながらサイクリングすると、よさそうな場所を見つけました。
↓ここ
002


水深はシャローでウィードあり。
鯉の生息は目視で確認。
下見から帰り、昼飯を食べてから出撃。
上の写真の場所でフロッグを投げ続けると、ウィードの切れ目から
「ボッカン」
というバイトあり。
素早く合わせを入れフッキングまで持ち込んだがあえなくバラし。
多分ナマズだったように見えたけど、もしかしたらブラックバスだったかもしれない。
バラしは悔しいが、バイトがあったので自分が開拓した場所は間違っていなかったとの確信を得てけっこう満足。

その後適当に水路を巡ったが、何の反応もなし。
この前クランクベイトでナマズを釣り上げた場所は他の釣り人(バサー)がおり、荒らされている感じ。
細いスピニングでやっていたので、ナマズがヒットしたらナマズがかわいそうだなぁと思いました。


もう帰ろうかと思ったがふと思いなおして、近所のコンビニ近くの水路に向かう。
時間は16時半ぐらいですでに夕暮れ状態。

幅1.5メートルほどの狭い水路だが雰囲気はなかなか。
オーバーハングした木が非常に邪魔だったがなんとか投げた。
数投目で勢いよく
「ガボッ」
とバイト。
ほぼ向こう合わせで釣れたのは45cmと水路のアベレージサイズ。
お腹は出ていないので栄養状態は良くないようだ、、、

006

その後も水路を開拓がてら廻ったが反応はなし。
日没でよく見えなくなったところで終了。

しかし、今日は新しい場所が開拓できてよかったです。
釣れるか釣れないか分からない場所でバイトがあったときはサイズに関わらずなんというか満足感がありますね!
ナマズ釣りの醍醐味は新規開拓にあると思います。
「そこ鯉しかおらんよ」
と、地元のじいさんやばあさんに言われてもメゲないのが大事www

今回釣ったルアーはキャタピー↓
ちなみに私は前フックをトレブルフック(もちろんバーブレス)に改造してフッキング率を高めています。




↓これからも新規開拓頑張れ、と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字