2014年12月13日

プライベートが子育てやらで忙しく、また寒くて釣りに行けていなかったのでロッドのレビューが遅くなりました。
購入したロッドはダイワ AIREDGE 732MHB です。
では、レビュー。

1:グリップについて
一般的なセパレートのコルクグリップで、コルクの質は可もなく不可もなくと言ったところ。
長年ストレートタイプのグリップで慣れてきた私にとって、初めてのセパレートタイプだったので初めは違和感を感じました。
しかし、数回の釣行ですでに気にならなくなりました。
リールシートは若干細めで、スコーピオン1500との相性もばっちり。

2:キャストについて
以前使っていたウエダの竿と比べると、ロッドレングスが長いのもあって、コンパクトな振りではちょっとぶれるかなって感じます。
キャスト時のしなりやルアーウエイトの感じ方には問題なしです。
これも可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。

3:感度について
キャタピーの水面アクションは楽に感じ取れます。
ラバージグで底の状態も問題なく感じ取れました。
これだけ感度があれば十分でしょう。
もっと感度を高めたい場合はロッドを買い替えるのではなく、ラインを巻きなおせば済む話だと思います。
ちなみに今はナイロン14lbsを使用しています。
PEラインだと感度ビンビンなんでしょうな、、、

4:総合
コスパは良いと思います。
普通にナマズ釣りをしていてこれ以上のスペックは必要ないと思いました。
もちろん趣味の世界なのでお金を出してプロと同じモデルを使う、といった楽しみ方をするのも全然ありですが、私には必要ありません。



ちなみに新しく買ったロッドではまだ魚を釣っていません、、、

↓ナマズ釣ってからレビュー書けよ、と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村






トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字