2014年08月

2014年08月31日

この土日で、嫁の実家のある交野市に行ってきました。
釣りがメインではなかったので、良いフィールドがあるかどうかの下見だけで終わりました。

歩きでいろいろ下記のような場所を下見しました

・天野川周辺(本流・支流)
水深が浅すぎるor岸まで下りれない

・交野市駅周辺水路(水田の近く)
魚の存在は確認。
フィールドが狭すぎるのと、もろに生活道路近くなので釣りは困難か?
ナマズの存在は不明。

・交野第2中学近くの池
魚は存在してそうだが、釣り禁止?
水質はかなり汚い。

といった感じで、有望なフィールドは発見できませんでした。

地元出身の嫁の弟さんと少し話をしたところ、もう少し足を伸ばして田園地帯まで行けば魚のいる池があるそうです。
また機会があれば地元高槻のフィールドや交野のフィールドを開拓したいと思います。


↓フィールド探しもナマズ釣りの醍醐味の一つだよね、と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


2014年08月29日

本日の夜、久しぶりにナマズ釣りに出かけました。
結果から書きますと、3バイト0フィッシュ

1回目のバイトはおそらく小さなナマズで、そもそもルアーを口に入れることができていないアタリ
2回目のバイトは、ナマズの口にはルアーが入りましたが、すぐに吐き出されてフッキングには至らず。
3回目のバイトはきちんとナマズが吸い込むも、2回目の
「すぐに吐き出されたらどうしよう」
という意識があり、早アワセをしてすっぽ抜け。

それでもバイトがあっただけマシな釣行でした。
ちなみに今までの釣行でバイトすらない時は数回ありました。
とても虚しくなります。
やはり、主戦場である住宅街の狭い水路ではいくら魚影が濃い場合でも、釣果に限界があるような気がします。
ということで、新しいフィールドを開拓したいと思います。
今度の釣行では、嫁の実家がある交野市に釣行予定です。
かなり期待できそうです。

↓クリックいただけると、フッキング率が向上する気がします。
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

前回のブログ記事である、ナマズクイズの回答です。

Q1
ナマズはひげでも味覚を感じることができる
○か×か?

A1

ナマズはひげで味覚を感じることが出来る!

Q2
ナマズは皮膚(体表面)でも味覚を感じることができる
○か×か?

A2

なんと、ナマズは体表面でも味覚を感じています!

これらの情報を知っていると、ナマズ釣りに有効活用できそうですね。
ワームならば、味や匂いの強いものを選べばナマズを誘い出すことが出来るようになるかもしれません。
トップウォータープラグであっても、ワームオイルなどの匂いのするものをを浸み込ませたりするなどのチューンを行えば、プラグへの食いつきが良くなるかもしれませんね。


バス釣りで下のワームオイルを使ったことがあります。
このオイルをつけると、バスが強くワームをくわえて離さないので、シビアな状況でもフッキング率が格段に上がった記憶があります。
ナマズはフッキング率が低いので、このオイルも効果があるかどうか試してみたいと思います。
トップウォータープラグへ試すのは初めての経験ですが、、、
匂いは強烈すぎるので取扱い注意です!!!!


↓トップウォータープラグにワームオイルとか邪道じゃね?、と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


2014年08月28日

どうも、家庭の事情とかで最近釣りに行けておらずこのブログは釣りブログなのかと、自問自答している大ナマです。

釣りにも行けないので小ネタのようなブログ記事で、突然ですがナマズクイズです。(日本語おかしい)

Q1
ナマズはひげでも味覚を感じることができる
○か×か?

Q2
ナマズは皮膚(体表面)でも味覚を感じることができる
○か×か?

クイズの出展は以前にも紹介した下の本です。
答えは明日の朝に書きます。




↓さっさと答え書けよ、と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

2014年08月26日

毎度どうも!
釣りの最中に大雨に降られ、ずぶ濡れで家に帰って嫁に呆れられた大ナマです。

さて、その大雨での釣りの最中
「今日もトップに出ねーなぁ」
などと思いながら、闇鯰スナイパー9号を性懲りもなくキャストしていました。




半分キャスト練習となっていた釣りの最中、神の救いである捕食音
「ボゴッ」
が数メートル上流の方で発生しました。
捕食音が発生した場所は岸から10cmほどの浅瀬で、草がオーバーハングしている場所。
捕食音はしましたが、ナマズの姿は目視できません。
何かを食べた後に、また水中のねぐらに戻っていったようです。

私は音のした場所に向かい、竿を目一杯伸ばして、草の隙間から闇鯰スナイパーを投入!
提灯誘いで、ナマズを誘ってみました。
すると、水の下からナマズが顔を出したではありませんか!!!
ナマズはルアーに興味を示しルアーに一瞥をよこした後、私の顔を見てからまた水中のねぐらへと帰っていきました。
ナマズ「チラッ」
俺「チョンチョン」(誘い中)
ナマズ「プイッ」
俺「、、、、、、」

私の妄想かもしれませんがあの瞬間、間違いなく私とナマズは目が合っていました。
夜釣りでは無理でしょうが、日が出ているうちの釣りではこういうことも起こるんですね。

ちなみにその後はナマズの姿を見ることなく、ノーバイトノーフィッシュで終了。
ナマズが顔を出した場所に、フォローとしてテキサスリグでワームをぶち込んでいたら釣れたとは思いますが、
本ブログは「トップでナマズ釣り!」
ですので、そういう事はしませんでした。
単純にトップウォータープラグしか釣り場に持って行ってなかったというのが一番の理由なんですけど (_´Д`) アイーン

ここ1週間、ナマズを上げていないのでワームを使ってみたい衝動が強くなっている大ナマでした。
しかし、トップに出ない、、、、
そういえば、私が主戦場としている場所に住んでいるナマズが何食ってるのか分かっていません。
トップ系に出にくい場所なのかもしれません。
水草とか生えまくっててエビとかザリガニとか多そうですし、主食は甲殻類なのかもしれません。


↓そんなに釣りたいなら甲殻類系のワーム使ってもいいんじゃねーの?と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村