2014年10月

2014年10月26日

この前買ったOWNER フックシャープナーのレビュー記事です。
↓買ったのはこれ


住宅街の水路で釣りをしているとフックに結構ストレスがかかります。
・護岸にヒット
・橋脚にヒット
・オーバーハングした草や木に引っ掛かる
・ウィードやごみをフックが拾う
・ナマズを釣り上げる
など
3~4回釣りに行くと、上記のものが原因で結構針先がなまってしまいます。
もしかして今まで逃したナマズのほとんどは針先が鈍っていたのが原因じゃないかとも思えます。

さて、買ってきたフックシャープナーを闇鯰スナイパー9号、キャタピー、ポニーフロッグに使ってみました。
針先は爪の上をすべる状態だったのが、研磨後は十分爪に引っ掛かる状態まで回復しました。
ちなみに闇鯰スナイパー9号、キャタピーはどちらも化学研磨フックを装着していますが、研磨後に実釣で使っても何の問題もありませんでした。
研磨後1週間ほど経過していますが、錆も見当たりません。
昨日(10月25日)釣ったナマズはフック研磨後のキャタピーで釣りましたが、向こうアワセで釣れました。
ですので、フックシャープナーを使うときには化学研磨フックか否かはあまり神経質にならなくて良いと思います。
研磨に使っているのは、上記リンクのシャープナーの青い面(仕上げ面)だけです。
これだけで十分です。
フックの3面を研ぐのですが、よほど放置したフックでなければ10回も動かせば研ぎを終了して良いと思います。

ちなみにフックの研ぎ方は
「針先から軸へシャープナーを動かす」
です。
私は感覚的には軸から針先へ研ぎたいので変な感じがしますが、逆にすると針先が変な方向に曲がってしまう可能性があります。
ですので、絶対に「針先から軸へシャープナーを動かす」を守った方が良いと思います。

シャープナーの動かし方は下の動画が参考になります。



↓フックぐらい研がずに買えよ、と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

2014年10月25日

前回の記事で書いたようにいつもの水路が工事の影響で死んでしまったので新しい場所を開拓しに行きました。
近くに淀川という広大なフィールドがあるにも関わらず、開拓したのはまた水路というルアー釣りを行うものとしては特異な性質をナマズ釣り師は持っています。

スマホの地図を見ながらサイクリングすると、よさそうな場所を見つけました。
↓ここ
002


水深はシャローでウィードあり。
鯉の生息は目視で確認。
下見から帰り、昼飯を食べてから出撃。
上の写真の場所でフロッグを投げ続けると、ウィードの切れ目から
「ボッカン」
というバイトあり。
素早く合わせを入れフッキングまで持ち込んだがあえなくバラし。
多分ナマズだったように見えたけど、もしかしたらブラックバスだったかもしれない。
バラしは悔しいが、バイトがあったので自分が開拓した場所は間違っていなかったとの確信を得てけっこう満足。

その後適当に水路を巡ったが、何の反応もなし。
この前クランクベイトでナマズを釣り上げた場所は他の釣り人(バサー)がおり、荒らされている感じ。
細いスピニングでやっていたので、ナマズがヒットしたらナマズがかわいそうだなぁと思いました。


もう帰ろうかと思ったがふと思いなおして、近所のコンビニ近くの水路に向かう。
時間は16時半ぐらいですでに夕暮れ状態。

幅1.5メートルほどの狭い水路だが雰囲気はなかなか。
オーバーハングした木が非常に邪魔だったがなんとか投げた。
数投目で勢いよく
「ガボッ」
とバイト。
ほぼ向こう合わせで釣れたのは45cmと水路のアベレージサイズ。
お腹は出ていないので栄養状態は良くないようだ、、、

006

その後も水路を開拓がてら廻ったが反応はなし。
日没でよく見えなくなったところで終了。

しかし、今日は新しい場所が開拓できてよかったです。
釣れるか釣れないか分からない場所でバイトがあったときはサイズに関わらずなんというか満足感がありますね!
ナマズ釣りの醍醐味は新規開拓にあると思います。
「そこ鯉しかおらんよ」
と、地元のじいさんやばあさんに言われてもメゲないのが大事www

今回釣ったルアーはキャタピー↓
ちなみに私は前フックをトレブルフック(もちろんバーブレス)に改造してフッキング率を高めています。




↓これからも新規開拓頑張れ、と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村


いつも釣りをしている水路の水がなくなり、水路が死にました。
↓なぜか逆さになった。水がほとんどなくなった
IMG_1688


新たなフィールドを開拓するためにサイクリングしていたら、自分が釣りをしている水路は結構歴史がある水路の一部であることが判明した。
高槻は水路に恵まれているので、程なく良いフィールドが見つかると思います。
というか、すでに目星はつきました。

IMG_1684


そういえば、雷魚釣りではフィールド晒しはルール違反らしいですが、ナマズ釣りでもフィールド晒しはルール違反なのでしょうか?
まぁ、フィールドを晒したとして住宅街の水路にわざわざ来る人がいるとも思えませんが。

↓フィールド晒しはやめた方が良いと思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村



2014年10月19日

久しぶりに夜ナマに出かけました。
以下の通りの釣果です。
1、2バイト目:ウィード横のシャローにキャストすると、ルアーの後ろにナマズが追いかけている独特の波紋。
バイトがあるが、フッキングせず。
追って同じ場所に投げると同じ反応。針先は口にかかったようだが、カカリが浅かったのか、竿に重みを感じることなく終了。

3バイト目:「バゴッ」という元気の良いバイト。一気にルアーを吸い込んだようで、フッキングもほぼ向こう合わせ。
ランディングと同時に針が外れ救出に向かうが、なかなか口を開いてくれずに苦労した。
足元でのバイトだったので、ファイト時間は数秒。

007

4バイト目:次はどこにキャストしようかなぁ、とかぼんやり考えながらよそ見をしていると
「バッコーン」という大きなバイト。
よそ見をしていたためアワセが一瞬遅れ、あえなくバラシ。
逃がした魚は大きい。

5バイト目:子ナマズの「チョボン」というバイト。多分どうやってもフッキングに持ち込めないバイトだったと思う。

余談ですが、フックシャープナーを買いました。

けっこう簡単にフックが研げて便利です。
一度買えば数年は保つでしょうから、おすすめです。
フックシャープナーのレビューは機会があればブログにアップしようと思います。

クリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

2014年10月13日

3連休は何も生産的なことをしていない大ナマです。
本日は台風が本格的になる前の10:30~12:00までデイナマ
結果は2バイト1ゲット

1バイト目:岸際に着水させた闇鯰スナイパー9号にバイトがあったが、見当違いの方向。追い食いなし
2バイト目:歩道の上から、鯉と一緒に泳いでいる見えナマズ発見。早速ナマズの進行方向にルアーを着水させるとすんなりとバイト。
向こう合わせで難なく針もかかり、重厚なファイトを楽しんだあとにランディング。
サイズは大体58cmぐらいで以前の記録を塗り替えなかったので写真は撮らずにリリース。(実は撮り忘れ)


ところでリリースについてなんですが、私が釣りをしているフィールドは足場が高くて、
どうがんばっても
「ボチャン」
というナマズをいたわることなく水に落としてしまうリリース方法になります。
いつも罪悪感を感じてしまいます。
ランディングネットを準備すれば良いという話なのかもしれませんが、これ以上の出費とランディングネットという大きな道具が増えることは避けたいと思っています。

うーん、でもランディングネットは買うべきか、、、

↓ランディングネット買え、と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村