2014年11月

2014年11月02日

水路が復活した感じがしたので、15時から2時間と22時から1時間程度釣行しました。

15時の釣行
復活した水路のカバー近くに闇鯰スナイパーを投入すると、着水バイト。
しかし、かなり小さなバイトでルアーは水に引き込まれることなくフッキングに至ることは無かった。
追って同じ場所に投げても反応なし。
減水前と比べて明らかに魚影が薄いので、いつもの水路については半分あきらめました。
その後は「水路の減水に伴ってナマズが下流に移動したのではないか」との仮説を立て、水路下流方面を手早くチェックするが何の反応も得られず帰路に。
帰り際に流れ込み上流のどシャロー(鯉の背中が見えるほど)をチェックすると、ナマズを発見。
闇鯰スナイパーを追ってくるが、食いが浅くフッキングに至らす。

このどシャロー近くで釣りをしているときに、通りかかったお子さん(男子)が自分の釣りを興味深く見ていて、話しかけてきました。
釣りが好きだが、道具を持っていないのでクリスマスに買ってもらうとのこと。
しかし、その子は海釣りがしたいとのことなのでナマズ釣りの同志が増えることはなさそう。


22時からの釣行はナマズを発見したどシャロー攻めを決意し、短期決戦で臨む。
ズボンのポケットにフィッシュグリップとプライヤーをセット。
竿にはキャタピーのみをセットし出撃。
まずは流れ込み近くにポツンと存在するウィードを狙う。
↓狙った後に取りました
007

手前側(写真下川)の少し大きめのポケットにキャタピーを投入してちょうちん誘いをするとなんとバイトが!
しかしバイトが浅く、フッキングには至らず。
活性は低いようだ。

その後どシャロー攻め。
上流から下流に向かって投げると、足元近くで激しいバイト!
キャタピーが水中に引きずり込まれたのを確認した後にフッキング!
しかし、様子がおかしい。
水中に引きずり込まれたキャタピーが全く動かない!?!?
何度竿を振っても同じ反応なのでヘッドライトを水中に向けると、キャタピーが地面にフッキングしてました・・・・
↓赤丸で囲んだ箇所、分かりますかね?
010

バス釣りで、バスに変わり身の術を決められてルアーをウィードに持っていかれた経験はありますが、ナマズに変わり身の術をされたのは初めてです!
しかも地面!
こんな事ってあるんですね・・・・・・・
同じような経験をされた方がいれば、ぜひコメントをお願いします。

ちなみにキャタピーを地面にフッキングさせた犯人はこちら。
↓ナマズ好きの読者なら簡単に見分けつきますよね?
008


ロストしたルアーは長靴でも買って回収しに行こうかなとも思いますが、長靴買うお金よりルアー買うお金の方が安い気がします(笑
ホームセンターで長靴の値段を見てから考えます

↓釣り具業界振興のために、長靴を買わずにぜひルアーを買いなさいと思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村





昨日の雨のせいなのかどうかは分かりませんが、水路の水位が一時的に復活しました。
↓これ
006

鯉の姿は確認できたのでナマズも戻ってきてると良いなぁ。
夕方あたりにチャレンジしてみたいと思います。
ベイトフィッシュはいたので、ナマズも戻ってきている可能性が高いと思われます。

にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村