2015年05月25日

どうも、大ナマです。
今回は私が最も多くのナマズを釣り上げたキャタピーについてレビューを書こうと思います。

まずは良い点から
1:動きが良い!
動きが悪いルアーは話になりませんからね。
モチーフはジッターバグなんでしょうが、ナマズルアーの先駆者であるスミスはジッターバグの動きをよく研究し、昇華させたと思います。
ボディが本家ジッターバグよりもずんぐりしているところも良い波動を生み出すのに役立っているのかもしれません。
動きが良いとナマズへのアピールも強く、もちろん釣れます。

2:頑丈!
カップが金属製で、どんなにぶつけてもカップが曲がる事はあってもカップが外れない!
コンクリート護岸の水路で釣りをしている私にとってはこれがかなり重要です。
私のキャストが下手なせいで、修復不能までカップが曲がった事がありますが、それでも一応動いてました。
スゴイ!
ちなみにバタピーは1日で羽がもげました。これは私が下手くそなだけです。

3:フックが絶妙の硬さ
これ、結構重要だと思うんです。
キャタピーのパッケージの説明にも「ペンチでカエシをつぶしやすいフックです」って書いてあるんですよね。
ペンチで潰すと簡単に返しが潰れてきれいなバーブレスになります。
フックの素材が柔らかめの金属でできているんだと思います。
もっとも、「元からバーブレスフック付けとけよ!」というツッコミもしたくなりますがwwwww
また、フックが微妙に柔らかいのでフックシャープナーで研ぎやすいです!
私はフック交換とか面倒がるタイプなのでこれも助かってます。
魚を釣り上げたり、コンクリートにぶつけたり、草に引っ掛かったりしてフックポイントが甘くなっても研げばすぐに元の鋭さに戻ります。
もちろんフックが柔らかいと言っても簡単に伸ばされるような柔らかさではないですね。
60cm強のナマズを抜き上げた時もフックは曲がっていませんでしたし、柔らかさの割に丈夫なフックだと思います。
ちなみにフックはダブルフック標準装備です。

4:ケミホタル25が装着可能
これは今さら私が言うまでもないですね。
本家ジッターバグには無い機能です。


私の考えるデメリットは以下
1:フックがヒートン固定
これは好き嫌いがあると思いますが、フックがスプリットリングを介しておらずヒートン固定です。
鯰人3のDVDで谷中さんが
「フッキング率を上げるためにキャタピーのフックにスプリットリング通したチューンしてます」
とか言ってるシーンがあるんですが、私は
「フッキング率悪いまま製品化すんなよww」
とか思いました。
私自身はフッキング率が特に悪いと感じたことはありませんので、フックチューンする必要性は感じてません。

2:ちょっとサイズがデカい?
これも好き嫌いあると思いますが、ちょっとサイズが大きめですかね。
40cmぐらいのナマズはとことん乗りません。
そういう時はキャタピーJr買えばそれで解決する問題なんですけどね。


↓スミスの回し者かよ、と思った人はクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヤッサン   2015年05月26日 07:10
5 こんにちは。

キャタピー、いいですね。
軽快な動きと音が気に入ってます。

スミスの戦略はハマッた感じがしますね。
いち早くナマズというジャンルに力を入れて、
これだけの製品をあの価格で提供していることがスゴイ。
今年は他のメーカも力を入れてきたが、キャタピーを超える製品があるといいですが。
2. Posted by 大ナマ   2015年05月26日 08:01
>ヤッサンさん
コメントありがとうございます!
キャタピーは本当に出来が良いルアーだと思います。
特に不満が無いルアーってのはなかなか無いですし。
スミスにまんまと洗脳されてる感はありますね(笑
値段も某バスプロブランドみたいにボッタクリではないですし、納得いく価格と性能なので、これからもスミスに貢ぎ続けると思います(笑

コメントする

名前
URL
 
  絵文字