2016年06月05日

2016/6/5に約2ヶ月ぶりに釣りに行きました。
4月半ばに引っ越しをしたにもかかわらず、バスに乗ってわざわざ隣の市まで行き釣り慣れているフィールドへ。
この時期だと水面にウィードが生えているだろうと予想し、釣り場に行く前に釣り具屋に寄ってフロッグを購入。

そして釣り場へ。
「これ、めっちゃ水量増えてる」
「水の流れも速い」
との感想を持ちながらいつも通り釣りを開始。
最初に行ったフィールドでは岸の草が伸び放題でキャストに苦労しました。
何とか釣りを続け護岸ギリギリにキャストしていたら、着水と同時にバイト。
合わせるもすっぽ抜け。

久しぶりのバイト音が聞けて、まぁ満足。
気を取り直して水路の上流に向かうも、水の流れが速くポイントが絞りこめず。
そこで、大きめの水路には見切りをつけて、田んぼ脇の狭い水路に行く。
すると農作業をしている人が多く、少し恥ずかしかったので早々に切り上げ。

どこ行こうかな~と歩きながら考えて、普段はほとんど行かない水路に到着。
水深は1m前後だが、水は緑色。
とりあえずシャロークランクを投げながらすすむと、何投目かで着水と同時にバイト。
しかし、全く乗らず。


歩き疲れてやる気が無くなりつつあったので、最後にいつもの住宅街の水路を攻める。
そしていつもの場所でバイト&ヒット。
50cm弱のまぁまぁサイズ。
最後のランディング時、フィッシュグリップが少し魚体に触れたら大暴れされ、手元でバラし。
ファイトは楽しめたので良しとしました。

しかし、なぜいつも住宅街の水路の特定の場所でヒットがあるのか。
ちなみに住宅街の水路は水路のどん詰まりで水深は30cmほど。
近くに小さな水田はあるが、それ以外は大した特徴の無い場所。
一応日光は当たりにくいので過ごしやすいのか、それとも餌が豊富なのか。

ナマズが好きな生息場所については謎が深まるばかりです。

今回はバスに乗って遠征となりましたが、時間があれば引っ越し先の自宅近くのフィールドも開拓したいと思っています。

追伸
これからの季節、ナマズのフロッグゲームは面白いと思います。
私が今日買ったのは
・シングルフック
・軸が細め
という2つの特徴を併せ持ったキッカーフロッグです。
昔ダブルフックががっつりかかって針外しに手間取ったことがあるので、シングルフックのフロッグは良いと思います。
フッキング率が低くなるかもしれませんが(笑






トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by matsu   2016年06月07日 00:07
農家の人がいて恥ずかしい、、
分かります。それ

自分もありますねー
とくに住宅街脇はね〰😳

なに釣れるんと声かけられて鯰というと
みな驚きます。こんなとこにいるの?って、、
2. Posted by 大ナマ   2016年06月08日 22:16
>matsuさん
コメントありがとうございます。
通りすがりの人に見られるのは恥ずかしくないのですが、農家の人は動かないので結構恥ずかしいです。
あと、農業用水路で釣りをしているので、「農家の人からしたら俺は水路を荒らしている不届き者ではないか?」などと余計な気遣いをしてしまって余計釣りに集中できません。
みんな小さな水路に魚なんか居ないと思い込んでますよね。
観察してみたら結構面白い生き物が住んだりしてるのに。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字