2016年06月22日

忙しくてブログもTwitterアカウントも放置していますが、なぜかアクセス数がアップしています。
ナマズ釣りシーズンが本格化したのか、検索からの流入が多くなっています。
今年入ってからナマズ釣りを始めた人も居るのでしょうか?
私の記事が少しでも役に立てばうれしいです。

ちなみに検索流入での人気記事は
キャタピーのレビュー記事
パワーポップのレビュー記事
です。

キャタピーはキャストしやすくタダ巻きで充分動くルアーなので入門にはうってつけのルアーだと思います。
カバー攻めにはフロッグしか選択肢はありませんが、パワーポップは安いので個人的におすすめです。
パワーポップはずんぐりしていないので、ナマズの口に入りやすくフッキングも通常のフロッグよりはしやすいかな、という印象も持っています。

タックルについての記事はあまり人気がありませんでした。
おそらくみなさん手持ちのバス用タックルを流用している or 流用するつもりでタックルには特にこだわりが無いのかもしれません。
タックルへのこだわりなく、田んぼ近くの水路等でトップゲームを楽しめるのがナマズ釣りの魅力ですので
タックル記事への流入が少ないのも納得です。


ちなみにタックルへのこだわりが無い人も、ラインにはある程度こだわった方が良いと思います。
ナマズ釣りにおけるラインの選択肢としては
・ナイロン
・PE直結
・PE+リーダー
があると思います。
私は面倒くさがりなので「PE+リーダー」は使ったことがありません。
ナイロンとPE直結を使ってみて個人的な好みで言えば、ナイロンの方が扱いやすくて好きです。
私はトップに飽きればスピナーベイトを使ったり、ミノーやクランクを使ったりもするのでオールマイティに使えるナイロンが自分の用途に合っているのだと思います。

ちなみにナイロン、PEのいずれを使うにしろラインチェックは定期的に行った方が良いと思います。
また、ナイロンは吸水と紫外線による劣化もあるので傷がついていなくても3~4回の釣行ごとに10~15mほど先を切って捨てていくのが良いと思います。
これは1日に2回ラインブレイクした私の痛い経験から学んだことです。

3~4回の釣行ごとにライン10~15mほど先を切って捨てていく用途には安いナイロンで十分です。
どうせラインの太さを気にするような釣りではないので16lbs以上の安いラインの300m巻500m巻であればかなりコスパが良いと思っています。
もちろんフィールドや釣り方(バス釣りと兼用するとか)によっては根ズレに強い高級タイプを使っても良いでしょう。

以上、とりとめのない記事でした。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 鯰人   2016年07月31日 22:33
ナマズをコンクリートに直置き
あんた、ナマズ釣りする資格無いよ。
2. Posted by 大ナマ   2016年08月01日 13:35
初めてのナマズという記事に掲載している写真の事ですね。申し訳ありません。
以後気をつけます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字