2017年04月05日

全く釣りが出来ていないためフィールドに下見に行った時の話でも書いてみます。

先々週にロードバイクに乗ってフィールド探しを行い、そのついでにメジャーポイントに寄ってみました。ちなみにこのフィールドの大きさはちょっと広い学校のグラウンドぐらいです。
(下の写真)

IMG_20170320_125905


私は一目見て減水&濁りが強く、まともに釣りが出来ないと判断して一回もルアーをキャストすることも無くその場を去りました。
このフィールドに着く前にここと繋がっている周辺水路をよく見ていて、この水系の状況がよく分かっていたというのもあります。
ちなみにこのポイントには先行者が三人おりました。
いくらメジャーポイントとはいえ、このコンディションで釣りをしようという人の気持ちが分かりません。このフィールドとつながっている水路は非常に広範囲で、探せばもっとコンディションの良い場所は見つかるはずです。現に私はそれっぽい場所を見つけました。
フィールドに入っていた先行者の本当の考えは私には分かりませんが、メジャーフィールドというだけで盲目的にその場所に入り釣りをするのは釣りの楽しみを半減させていると思いました。
もうちょっと自分の頭を使ってフィールド探しをした方が楽しいのになぁと思った初春でした。
農繁期になればこの水路も水量が豊富&栄養も豊富になるので農繁期にもう一度訪れてみたいなとは思いましたが。

追伸
もっとも私がこのフィールドに来るのが初めてです。
先行者はこのフィールドの常連で、この程度の濁り&減水状況でも十分釣りになると判断したのかもしれません。




トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字