2017年04月23日

休みでも釣りには行けず、子守とか家事とかしています。
PCに向かっていたら娘が遊びに来るしでまとまった時間は取れません。

今週は家事の一貫として、照明器具の取り換えを行いました。
照明を電球色から昼白色に交換しただけですが、
・電球色→昼白色で部屋の印象が変わった
・明るさを60W相当→100W相当に変更したので部屋が明るくなった
と、照明を変えるだけで部屋の印象がかなり変わりました。
ウォークインクローゼットの照明を変更したところ、洋服がくっきり綺麗に見えるようになって嫁も喜んでおりました。

家を買ったときに最初から付いていた蛍光灯の電球を買おうとしたのですが、今は蛍光灯の電球は生産中止とのこと。
そこでLED電球を買おうと調べたのですが、Panasonic等の国内メーカーの100W相当のLED電球の価格は1個2000円以上
5~6個買えば1万円を超えるという財布に優しくない商品。
いくらLED電球の寿命が長いとはいえ、この初期投資には私を含めた一般庶民はちょっと躊躇すると思います。
洗面所、廊下、部屋の照明用なんかに買おうとしたら10個買って2万円超えになってしまいますし。

そこで今回買ったのが記事タイトルにあるように激安の照明器具(LED電球)。
聞いたことのないメーカーのorinsongのLED電球。なんと6個入りで2300円という、大手メーカーの6分の1の価格。
これは失敗しても良いから買いだと思って注文しました。
私はAmazonプライム会員なので、注文した翌日に到着。
早速取り付けてみると、相当明るくなりました。
交換前後の写真を貼ろうと思ったのですが、スマホのカメラではいまいち伝わらない&家の写真をネットに載せるのは多少リスクがあるという事でやめました。

大手メーカーの6分の1の価格なので、寿命が大手メーカー品6分の1としてトントン。寿命が2分の1としても大儲けという計算です。
大手メーカー品とこういう聞いたことないようなメーカーの差はなんなんでしょうね。最近はノートPCを買い替えようと思って梅田のヨドバシや日本橋にPCを見に行っていますが、日本の大手メーカー品はセレロン搭載で12万円。一方、BTOのノートPCはCore i5搭載で10万円ともう無茶苦茶。 また、ebayで同等品を探すと日本のBTOメーカーで10万円のものが8万円で売っていたりと、価格差がスゴイ。さすがにebayで海外輸入はサポート等を含めてリスクがあるので躊躇しますが。
ノートPCを国内大手メーカーで買う事は金輪際ないと思いました。


釣り具、特にリールだと世界に誇れる商品を日本のメーカーは作っているのに、電機業界はどこで差が付いたのか。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字