2019年05月02日

毎度いつもの高槻市の水路で。
結果だけを言うと、鯉がヒットしてランディングしてリリース。
同じ場所にナマズも居たけど、奪うように鯉がルアー(キャタピーJr)を食った。
ちなみに場所は住宅街の水路で、近所の住民が鯉に餌をやっているところ。
餌につられてナマズも集まるようだ。

その後いろいろ回ったが鯉だらけ。
諦めて納竿後に水路を散策してみたら、ヌートリアが居た。



納竿後、ヌートリアが居た水路でナマズが泳いでいるのを発見。
竿の準備が面倒で釣ろうとは思わなかったのが今日のハイライト(笑)



この記事へのコメント

1. Posted by 大阪府民   2019年06月08日 09:46
5 大ナマさん、はじめまして。年齢も住んでいるところも近いので、いつも楽しく読ませてもらっています。
ヌートリア、たまに淀川沿いで見ますね。

ナマズは釣れた事がなく、ほぼ鯉、たまにブルーギルぐらいです。
大ナマさんが、このあたりでは釣りやすい鯉ではなく、ナマズを狙うのはなぜですか?
2. Posted by 大ナマ   2019年06月08日 10:05
コメントありがとうございます!
ナマズを狙っている理由は、「バスブームのときに持ってた大昔のタックルが流用できるから」ですね。
ただ、ナマズの数が少ないので、最近は鯉釣りにも興味あります。
ルアーにアタックしてくる鯉もいて、鯉は何回か釣ったことあります。
ただ、鯉がかかったときのランディングに課題があるので、ランディングネットを買おうかどうか思案中です

コメントする

名前
 
  絵文字