メモ

2017年04月25日

どうも。子守や家事で釣りにも行けず、もちろん趣味のサイクリングにも行けず、空き時間にスマホをいじって釣りブログや漫画などを見るのが息抜きになっている大ナマです。
昨日の月曜は有給休暇を取りましたが、家で一人になれる時間はほとんど取れませんでした。
何か息抜きをしないとダメだな~、とTwitterを見ているとKindleのセール情報が流れていきました。
株式投資の事を書いた漫画、インベスターZの1巻がなんと1円から手に入るとの情報。
私は個人的に株式投資を行っており、興味があったので速買い。ちなみに2巻は2円、15巻は16円とお買い得。16巻と17巻は定価のため購入は見送りました。
漫画を読んで嫁と子供が寝た後の時間を有意義(?)に過ごしました。

と、ここまでは健全なお話。タイトルにある微エロというのは、インベスターZを購入した後Kindleストアを探検していたらグラビアアイドルの写真集が激安で売られているのを発見しました。
尻職人こと倉持由香の写真集は30円!!!
100cmバストの柳瀬早紀の写真集は95円!!!これらを購入して息抜きができました(笑)
ちなみに上記以外にも40円や90円程度の作品はいっぱいありましたので、さらに息抜きは捗るように思います。
まぁ、息抜きはDMMでも良いと思いますがたまにはこういうのも良いかなと思った次第です。

2017年04月17日

先週末、いい感じに暖かい&曇り空という釣りには最高のシチュエーションの中、数か月ぶりにナマズ釣りに行ってきました。
具体的な場所は伏せますが、高槻市の田舎の水路です。
雨が降るかもしれなかったので、今回はロードバイクではなく、わざわざバスに乗っていきました。
バスに乗って田舎に行くのも良いものだと思いました。
肝心の釣果は
2バイト1ヒット1バラシでキャッチには至らず。
ただ、元気なナマズのファイトは楽しめました。 

今回は前回のブログ記事とは事なり、メジャーではないフィールドに行ったのですがそこでは私以外の釣り人を見たことがありません。
釣りなんかしていると通行人から不思議な視線を向けられたりします。
このような状況はもう慣れましたが、もう少し同じ趣味の人が増えたら情報交換できたりして楽しいんだろうなぁとか考えたりします。
しかし、同じ趣味の人が増えるという事は田舎の小さな水路群で釣り人同士のバッティングが生じるということでもあり、以下のジレンマを抱えています。
・同じ趣味を語る同好の士が欲しい
・フィールドは独り占めしたい
船で広大な海というフィールドに出ていく場合は別かもしれませんが、上の淡水、海に限らずオカッパリの釣り人が抱えるジレンマでしょう。
何か解決策無いのかなぁ。
水路の生態研究が趣味で釣りはしない という人が居れば解決でしょうが、そんな奇特な人はいないでしょう(笑

2017年01月01日

あけましておめでとうございます。
昨年は引っ越し、子育てなどで忙しくてなかなか釣りに行けなった大 ナマです。
とくに引っ越しは「徒歩圏内で行けるフィールドが無くなった」ので釣りライフに占める影響が本当に大きかった。
このブログも数か月放置していてかなりアクセス数が減っていますが、
それは置いておいて2017年の願望を書いてみます。

釣り関連の願望です。
1:年間通して平均して1か月に1回釣りに行く
2:淀川のバスフィールドを開拓する
3:琵琶湖水系に釣りに行く(出来れば長浜周辺水路とか人が少なそうなところか京阪沿線)
4:もうちょい本ブログの更新頻度を上げる(釣りとは関係ないスマホの話題とか書くかも)

ただ、今年はまた家族が増る予定なのでなかなか厳しいかもしれません。
とにかく時間確保が難しい!
惰性でやってるネット麻雀とか、スマホでしょーもないWebサーフィンやってる時間を減らすのが一番ですかね。

以上、本年もよろしくお願いいたします。



2016年06月22日

忙しくてブログもTwitterアカウントも放置していますが、なぜかアクセス数がアップしています。
ナマズ釣りシーズンが本格化したのか、検索からの流入が多くなっています。
今年入ってからナマズ釣りを始めた人も居るのでしょうか?
私の記事が少しでも役に立てばうれしいです。

ちなみに検索流入での人気記事は
キャタピーのレビュー記事
パワーポップのレビュー記事
です。

キャタピーはキャストしやすくタダ巻きで充分動くルアーなので入門にはうってつけのルアーだと思います。
カバー攻めにはフロッグしか選択肢はありませんが、パワーポップは安いので個人的におすすめです。
パワーポップはずんぐりしていないので、ナマズの口に入りやすくフッキングも通常のフロッグよりはしやすいかな、という印象も持っています。

タックルについての記事はあまり人気がありませんでした。
おそらくみなさん手持ちのバス用タックルを流用している or 流用するつもりでタックルには特にこだわりが無いのかもしれません。
タックルへのこだわりなく、田んぼ近くの水路等でトップゲームを楽しめるのがナマズ釣りの魅力ですので
タックル記事への流入が少ないのも納得です。


ちなみにタックルへのこだわりが無い人も、ラインにはある程度こだわった方が良いと思います。
ナマズ釣りにおけるラインの選択肢としては
・ナイロン
・PE直結
・PE+リーダー
があると思います。
私は面倒くさがりなので「PE+リーダー」は使ったことがありません。
ナイロンとPE直結を使ってみて個人的な好みで言えば、ナイロンの方が扱いやすくて好きです。
私はトップに飽きればスピナーベイトを使ったり、ミノーやクランクを使ったりもするのでオールマイティに使えるナイロンが自分の用途に合っているのだと思います。

ちなみにナイロン、PEのいずれを使うにしろラインチェックは定期的に行った方が良いと思います。
また、ナイロンは吸水と紫外線による劣化もあるので傷がついていなくても3~4回の釣行ごとに10~15mほど先を切って捨てていくのが良いと思います。
これは1日に2回ラインブレイクした私の痛い経験から学んだことです。

3~4回の釣行ごとにライン10~15mほど先を切って捨てていく用途には安いナイロンで十分です。
どうせラインの太さを気にするような釣りではないので16lbs以上の安いラインの300m巻500m巻であればかなりコスパが良いと思っています。
もちろんフィールドや釣り方(バス釣りと兼用するとか)によっては根ズレに強い高級タイプを使っても良いでしょう。

以上、とりとめのない記事でした。