ナマズ本

2016年03月26日

大ナマです。久しぶり過ぎる更新です。

冬の間は釣りをしておりませんでした。
釣り具を買う欲求なども特になく、釣りとは離れた生活をしておりましたがナマズの事を忘れたわけではありません。
ちなみに釣り具業界についての私の考えは
「過剰広告が過ぎる」
「意味不明な理論を次々と提唱して、消費者に過剰に金を使わせようとしている」
です。
釣り具業界の中の人にとっては死活問題なので、過剰広告等は仕方ないのかもしれませんが。

さて本題
鯰人の間ではナマズの生態についてまことしやかに語られている
・ナマズは目が悪い
・ナマズは音(水の振動)に敏感
・ナマズは夜行性
・ナマズは貪欲
などの性質がありますが、それは本当のことなのでしょうか。
ナマズに普段から慣れ親しんでいる鯰人の間では経験的に上記が正しいであろうことは分かっています。
しかし本当にそうなのか、きちんと実験や調査によって調べた人は見たことがありません。
もしかしたら、とあるフィールドにナマズが100匹いたとして
・100匹中70匹は昼行性&とても警戒心が強く、釣り人に釣られるのは稀
・100匹中30匹は夜行性&アホなので、よく釣り人に釣られる

という現象を我々鯰人が観察して「ナマズは夜行性」という結論を出しているのかもしれません。
100匹中70匹が昼行性であれば、ナマズは平均的には昼行性の魚であると結論づけることができます。
本当に自然下でのナマズが夜行性なのかどうかを調べるためには、自然にいるナマズに発信機等を装着して、モニタリングする必要があります。

そんな研究をした人はいないのかな~とか思ってネットを探しているとありました。
きちんとした学術論文です
その論文がこちら(リンク先PDF)
小河川における超音波テレメトリーを用いたナマズの行動解析
きちんと追跡できた個体が3匹とサンプル数は少ないですが、結果は以下のとおりです。

・10~11月はおおむね夜行性だった
・12~1月は昼行性も夜行性も両方示された
詳細は論文を拝読ください。ちなみに私もきちんとは読んでいません(アカン)

論文の中で挙げられている参考文献の知見では
「水温によってナマズの夜行性と昼行性という特性が変化している」
という事が示唆されているようです。
水温の閾値は15°C、10°Cあたりにあるとのこと。

ちなみに冬季にナマズが生息・活動できるフィールドの条件として
・ナマズの隠れ家が存在している
というファクターが大きいとのこと。3面コンクリート護岸は最悪の環境らしいです。
といっても日本は3面コンクリートだらけですよねぇ。。。

長々とお付き合いありがとうございました。
論文末尾に挙げられている参考文献の中にもおもしろいものがあるので、時間があれば内容をご紹介したいと思います。








2015年05月26日

2010年に販売された業界初のナマズ釣り本である
「ナマズ釣り大全」
Amazonの中古で安くなってました。
以前は中古にも関わらずに絶版本というだけで、定価1430円なのに3000円とか4000円の値段付けてた奴らがいるのでこれはお得になったと思います。
というか、今でも3000円とか4000円の値段付けてるやつらがいます。(最高で5960円!馬鹿か!)
商売で儲けたいのは分かりますが、さすがに悪どい!


気になる本の内容は
★イチから始めるナマズ釣り入門 釣れる場所探しからアプローチ& ルアー&食わせ方まで
★琵琶湖オオナマスを追った2日間
★もっと深く 楠ノ瀬直樹
★俺 のジッターバグ  チューニングカタログ
★異次元グラフ  メーターアップを手にした瞬間 ・ファンキー山岡 ・ヒロセマン ・・・他
など。

ジッターバグ チューニングカタログは見ていて飽きないのではないでしょうか?
個人的には琵琶湖オオナマズが気になります。
私は関西圏在住で琵琶湖へアクセスしようと思えば結構近いので、ビワコオオナマズはいつか釣ってみたいと思っています。
釣れる場所探しという記事はこれからナマズ釣りを始める方やフィールドを開拓したいと思っている方の参考になるのではないでしょうか?
私は既に注文しました(笑)
Amazonのカスタマーレビューを見てもかなり評価は高いです。
5点満点で4.17点という評価です。買ってみたら著作権に触れない範囲で内容を紹介したいと思います。

↓クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村



2014年11月09日

鯰人3のDVDを購入し、一通り鑑賞したのでその感想を書こうと思います。
まずは鯰人3の基本的情報です。

・釣りをしている時間は全て日中
・フィールドは関東1、関東2、東海1の計3フィールドにおける釣行
・季節は春と秋の2シーズン
・釣行シーンは全78分と充実
・谷中さんのインタビュー映像あり(今後のタックル開発等について 約19分)

視聴後の全体的な感想としては
良かった点
・日中のナマズ釣りにおいて、攻めるポイントが分かりやすかった
・日中の撮影なのでバイトシーンは基本的に全て見えるので単純に動画として面白い

悪かった点
・カメラマンがルアーを追い切れていないシーンが2~3シーンあった(気になるほどあったわけではないです)
・谷中さんが使っているルアーがすべてチューン後のルアー。チューン無しのスミス製品の実力を知りたい人も多いと思うのでチューン無しルアーの出番も作ってほしかった。
・ちょっと画質が荒い(2160円という価格でマイナーなナマズ釣りDVDを作るのでそこは致し方ないかと思われます)

具体的に今後の釣りに役に立つなと思った谷中さんのテクニックやアドバイスは以下の通りです。
・オーバーハングなどの水上の変化は鯰にとってあまり魅力的ではない。(鯰は底近くにいるため)
・水中の変化が重要。トップでの釣りと言えども、水中の変化を知るため偏光グラスは結構役に立つ。
・キャタピーをカバーの中に投げてもダブルフックのおかげで、思った以上にカバーをすり抜ける。キャタピーでのカバー攻めという新しいテクニックを知ることが出来た。

価格は税込2160円ということでナマズ釣りファンであれば買って損はないDVDだと思いました。
Youtubeでダイジェストが見れます。


↓応援よろしくお願いします
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村




2014年08月24日

毎度、本ブログを購読いただきありがとうございます。
昨日は釣りに行くも、雷が鳴っていたので早々に引き揚げた大ナマです。
 さて、このブログを読んでいるみなさんはナマズのことが大好きだと思いますが、ナマズのことをどれぐらい知っているでしょうか?
私は恥ずかしながら、Wikipediaに書いてあるレベルの知識しか持っていませんでした。
そこで、ナマズの勉強のために図書館から本を借りてきました。
 
↓この本


この本は子供向けの本ですが、さすがにWikipediaよりは内容は充実しています。
写真が豊富で、買っても良いなと思いました。
特に、産卵の写真、イワトコナマズの写真など貴重な写真もありました。

発行年月日は2014年4月とかなり新しいです。
ナマズの最新研究結果が知りたいならこの本ですかね?
他に良いナマズ関連本をご存じの方はコメント欄でご教示いただければ幸いです。

今回、この本の内容の一部をご紹介します。
記事のタイトルにある通りナマズの雄と雌の見分け方です。
画想をアップロードするのは著作権の関係でちょっと怖いので、文章での説明になります。

雄の特徴
1:胸びれの前縁にある棘が平たく、棘の後端にギザギザがある
2:尾びれの中央に負かい切れ込みがある

雌の特徴
1:胸びれが細くて、棘の後端にギザギザがない
2:尾びれに切れ込みがない、またはあっても浅い

です。
釣ってきたナマズの性別を調べて、その比率を計算してみても面白いかもしれません。
ちなみに本の記述によると、雌の比率が高いようです。

↓今後もこの本の内容を知りたい、という人はクリック
  にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村