タックル・グッズ

2016年09月03日

先日のブログ記事で書いていたテレスコピックロッドの購入について、ダイワ B.B.B 666TMRBを購入し釣りに出かけたのでインプレ記事を書きます。

スペックはダイワの公式HPからご確認ください。

ダイワの紹介文句は以下の通り
「最も扱いやすい長さ・硬さでスーパーバーサタイルに使いこなせるテレスコピック・ベイトキャスティングロッド。中・重量級のファストムービングルアーのロングキャストからピッチング、テキサスリグなどの撃ちモノまで自在に操ることが可能なオールラウンダー。」

ナマズ釣行ではキャタピー、キャタピーJr、 3/8ozラバージグ、3/8スピナーベイト、Z-Rabitt Jr等を使用しました。
いずれのルアーでもキャスト感覚に問題はありませんでした。
ダイワの紹介文句通り、素直な曲がりとちょうど良いレングスでオールラウンドに使えるなというのが第一印象です。
購入最初の釣行では残念ながらナマズは釣れませんでしたが、ちょっかいを出してきた鯉は引っ掛かかりました。
引っ掛かった鯉は50~60cm程度でした。
その鯉とのファイトも不安を感じる事なく十分に余裕を持ってこなせました。ファイトの際の曲がり具合についてもテレスコピックであることの不自然さや脆さは感じませんでした。

感度については若干悪いかなと感じました。
以前使っていたロッドでは、キャタピーのアクションがラインとロッドを通じてきちんと手元に伝わってきている感触がありましたが、666TMRBではそのアクションの伝わり方が若干ぼやけているような感覚でした。
そう感じたのはテレスコピックロッドを使っているからというプラシーボ効果なのかもしれませんが、気になる人には気になるでしょう。
鋭い感度を要求されるディープエリアでのワーミングやロングキャスト先でのアタリを感じ取るというような釣りをしないのであればちょいとしたナマズ釣り遊びには十分なスペックを持っていると思います。
付属のロッドケースの出来は想像以上に良かったです。
ガイドを守るスポンジはちょうど良い固さで、ケースの外側は固めのウレタンのような素材で、ちょっとやそっとの衝撃ではガイドやロッドに傷が付くようには思えませんでした。
image




ちなみに持ち運びは25リットルクラスのバックパックに入れて持ち運んでいます。
25リットルクラスのバックパックだとロッドケースの先が数cm出るぐらいの仕舞寸法です。
持ち運びについても特に不安を感じる事はありません。


image



ロッドの見た目についてですが、オールSiCガイドですしグリップ部分もまともな物が使われているため安っぽさは感じません。
もちろん高級感は無いのですが、安っぽさで嫌になるというようなロッドで無い事は確かです。
私のように小さい水路でライトなナマズゲームを楽しむ方、旅行先や出張先でちょっとした釣りに行くぐらいの使い方をする人には合っていると思います。
あと、自宅に1ピースロッドを保管しにくい環境の人にもおすすめかな。
専用バッグ、オールSiCという事を踏まえたらコスパは良いロッドなのかなぁというのが個人的な感想です。





2015年05月25日

どうも、大ナマです。
今回は私が最も多くのナマズを釣り上げたキャタピーについてレビューを書こうと思います。

まずは良い点から
1:動きが良い!
動きが悪いルアーは話になりませんからね。
モチーフはジッターバグなんでしょうが、ナマズルアーの先駆者であるスミスはジッターバグの動きをよく研究し、昇華させたと思います。
ボディが本家ジッターバグよりもずんぐりしているところも良い波動を生み出すのに役立っているのかもしれません。
動きが良いとナマズへのアピールも強く、もちろん釣れます。

2:頑丈!
カップが金属製で、どんなにぶつけてもカップが曲がる事はあってもカップが外れない!
コンクリート護岸の水路で釣りをしている私にとってはこれがかなり重要です。
私のキャストが下手なせいで、修復不能までカップが曲がった事がありますが、それでも一応動いてました。
スゴイ!
ちなみにバタピーは1日で羽がもげました。これは私が下手くそなだけです。

3:フックが絶妙の硬さ
これ、結構重要だと思うんです。
キャタピーのパッケージの説明にも「ペンチでカエシをつぶしやすいフックです」って書いてあるんですよね。
ペンチで潰すと簡単に返しが潰れてきれいなバーブレスになります。
フックの素材が柔らかめの金属でできているんだと思います。
もっとも、「元からバーブレスフック付けとけよ!」というツッコミもしたくなりますがwwwww
また、フックが微妙に柔らかいのでフックシャープナーで研ぎやすいです!
私はフック交換とか面倒がるタイプなのでこれも助かってます。
魚を釣り上げたり、コンクリートにぶつけたり、草に引っ掛かったりしてフックポイントが甘くなっても研げばすぐに元の鋭さに戻ります。
もちろんフックが柔らかいと言っても簡単に伸ばされるような柔らかさではないですね。
60cm強のナマズを抜き上げた時もフックは曲がっていませんでしたし、柔らかさの割に丈夫なフックだと思います。
ちなみにフックはダブルフック標準装備です。

4:ケミホタル25が装着可能
これは今さら私が言うまでもないですね。
本家ジッターバグには無い機能です。


私の考えるデメリットは以下
1:フックがヒートン固定
これは好き嫌いがあると思いますが、フックがスプリットリングを介しておらずヒートン固定です。
鯰人3のDVDで谷中さんが
「フッキング率を上げるためにキャタピーのフックにスプリットリング通したチューンしてます」
とか言ってるシーンがあるんですが、私は
「フッキング率悪いまま製品化すんなよww」
とか思いました。
私自身はフッキング率が特に悪いと感じたことはありませんので、フックチューンする必要性は感じてません。

2:ちょっとサイズがデカい?
これも好き嫌いあると思いますが、ちょっとサイズが大きめですかね。
40cmぐらいのナマズはとことん乗りません。
そういう時はキャタピーJr買えばそれで解決する問題なんですけどね。


↓スミスの回し者かよ、と思った人はクリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村



2015年04月01日

昨日3月31日の夜、かなり久しぶりに平日夜のナマズゲームを楽しみました。
結果から言うと、5バイト2ゲット1バラシ
最後の1バラシは、足場が高いところでかけてしまったので、もしランディングに成功した場合にはリリースが足場の高い所からナマズを落下させることになるため、自然リリースしました。

1匹目は2投目で元気に出てきたこの大物!
IMG_20150331_215314

メジャーは持っていかなかったのでサイズは計ってませんが、おそらく堂々の60アップ。
70cm近かったと思います。
自己記録更新です。
あとの1匹は似たような写真なので省略します。

クリックで応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村

さて、フィッシュグリップについて。
上の写真でもわかるように、わつぃはプラスチックのフィッシュグリップを使っています。
以前の記事にも書きましたが、金属製のフィッシュグリップより優れているところがあります。
しかし、去年から1シーズン使ってきてデメリットも見えてきました。
以下にデメリットを列挙します。

1:手が疲れる
ランディングしたナマズはいつ暴れだすか分かりません。
以前の記事ではプラスチック製のフィッシュグリップの利点として「魚に優しい」と書きましたが、
いつ暴れるか分からないナマズをしっかりつかんでおく必要があるのと、ナマズ自身の重量があるのとで、
かなり強めに握っておかないといけません。
掴む力を強くする分、結局魚に優しくないのかなと思いました。
下の写真のような掴みかたなら、魚に触れず力も込めないのでまだ魚に優しいかもしれません。
006


2:掴む部分がデカくて困る場合がある
金属製のフィッシュグリップに比べて掴む部分の先端がデカいです。
ナマズの口にキャタピーなどのルアーががっつり飲み込まれていて前のフックも後ろのフックもフッキングしている場合、フィッシュグリップを突っ込むスペースが無い場合があります。
昨日はそうでした。
なんとか対処しましたが、こういうときは金属製のフィッシュグリップが便利なのかなと思いました。

以上です。



2014年12月23日

私は鯰釣りに安いナイロンラインを巻き替えしながら1シーズン使ってきましたが、まったく問題ないことが分かりました。
↓300mで800円ぐらいのやつ


16lbsラインを使っていて、シーズン中のラインブレイクは1回だけ。
ラインの傷や結び目のチェックを行っていれば、ラインブレイクは0に出来たのではないかと思います。
ラインの結び目で問題になるのが、スプリットリングの端に結び目がかかった時だけ。
4525918012908-1d


これさえ気をつけていれば、安いナイロンラインで問題無いと思います。


鯰専用PEライン買ったけどどうしよう、、、、
FGノットとか覚えるの面倒だし、、、
別にPE直結でも良いんですけどね。
↓FGノットの動画 慣れれば簡単そうですけどね



↓クリックで応援お願いします
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村



2014年12月13日

プライベートが子育てやらで忙しく、また寒くて釣りに行けていなかったのでロッドのレビューが遅くなりました。
購入したロッドはダイワ AIREDGE 732MHB です。
では、レビュー。

1:グリップについて
一般的なセパレートのコルクグリップで、コルクの質は可もなく不可もなくと言ったところ。
長年ストレートタイプのグリップで慣れてきた私にとって、初めてのセパレートタイプだったので初めは違和感を感じました。
しかし、数回の釣行ですでに気にならなくなりました。
リールシートは若干細めで、スコーピオン1500との相性もばっちり。

2:キャストについて
以前使っていたウエダの竿と比べると、ロッドレングスが長いのもあって、コンパクトな振りではちょっとぶれるかなって感じます。
キャスト時のしなりやルアーウエイトの感じ方には問題なしです。
これも可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。

3:感度について
キャタピーの水面アクションは楽に感じ取れます。
ラバージグで底の状態も問題なく感じ取れました。
これだけ感度があれば十分でしょう。
もっと感度を高めたい場合はロッドを買い替えるのではなく、ラインを巻きなおせば済む話だと思います。
ちなみに今はナイロン14lbsを使用しています。
PEラインだと感度ビンビンなんでしょうな、、、

4:総合
コスパは良いと思います。
普通にナマズ釣りをしていてこれ以上のスペックは必要ないと思いました。
もちろん趣味の世界なのでお金を出してプロと同じモデルを使う、といった楽しみ方をするのも全然ありですが、私には必要ありません。



ちなみに新しく買ったロッドではまだ魚を釣っていません、、、

↓ナマズ釣ってからレビュー書けよ、と思った人はクリック
にほんブログ村 釣りブログ ナマズ釣りへ
にほんブログ村